若いうちは財産になる

海外留学の喜びは「若いうちは大きな財産にすること」が出来るということです。

 

 

 

実際にまだ見たこともない地域に訪れることは、特に異文化に触れる、ということを考えるのでしたら、人生でプラスになることは間違いありません。

 

知らないことに触れ、語学の壁を越えられることは大きな喜びであることは間違いないでしょう。知らないこと、するべきことも多いかもしれませんが、そのような新しいことに積極的に挑戦することで、自分の中で進めていくべきことや、人生の方針もある程度、しっかりと見つけていくことができます。

 

海外留学では、当然ながら大変なことも多いものですが、若いうちに経験すれば、それは一生に一度の思い出にすることができます。まだ見たこともないような、新しい人生の舞台に挑戦するからこそ、それが財産にもなりますし、新しい刺激にもなります。

 

「自己責任で何かをする」ということを身につけることは、日本人にはあまり見られない自主性を磨く、という観点からすると大変大切なことです。その点を早く身につけることで、自分の人生で、何をしなければならないのか、ということを明確に方針として身につけることが可能になっていきます。

 

しっかりと自分でどのように生きるべきか、という方針を知れば、それに向けて確実に知識を習得することが出来るようになります。ぜひ、新しい天地で様々な経験を学び、大きな自分自身の財産とすれば、海外留学の経験はその後の人生に大きく役立てられることになります。簡単に決断出来る事ではありませんが、チャンスがあれば検討してみるのも良いです。


このページの先頭へ戻る