留学のメリット:語学力習得が期待できる

留学すれば、勉強機会が増えるので語学力が向上することが期待できます。毎日、語学学校へ通い、語学学校の友達はもちろん、日常の生活でも語学を使う機会がたくさんありますから、自然と語学力が伸びていく環境になります。

 

テレビを見ても、町の広告も、スーパーなどでの買い物も全てが勉強ということになります。しかし、留学すれば、語学力が必ず伸びるということではありません。単純に勉強時間が増し、使うチャンスが増えるから、伸びやすい環境にあるというだけです。留学前の語学力が低い場合は、あまり効果がでない人も少なくなりません。

 

教材の語学すら聞き取れない人は、ネイティブスピーカーの高速な日常会話を聞いても全く聞き取れず、日常生活での語学に触れる機会は多くても、それが勉強していることにならないのです。語学教材などであれば大体分かる人で、日常会話程度はこなせる人であれば、たくさんの語学に触れる機会を得ることで必ず語学力は伸びます。映画がある程度分かる人であれば、生活すること自体が全て、勉強時間になると考えてもいいでしょう。

 

留学をすればいいのではなく、あくまでもたくさん勉強や練習をすることが大切なのが語学学習です。留学するから、勉強していかなくてもいいというスタンスでは、効率的で有意義な滞在はできません。まずは日本でできる限り勉強して、なるべく高い語学のスキルを持てるように努力しましょう。そうすることで、滞在は有意義なものとなり、より効果的に語学スキルを向上させることができるのです。

 

 


このページの先頭へ戻る