留学の種類:語学編

一度は海外留学を経験してみたい、でも資金面や期間設定で迷いがあるという場合は、まず語学留学してみるという手があります。短いものでは2週間から、長ければ1年くらいの期間まで選ぶことが出来ます。大学留学よりは入学資格をとやかく言われないだけ、事前準備も少なく気楽でもあります。

 

試験があっても、それは単に適切なコースを選んでもらうためのクラス分けを目的とするものなので心配ありません。外国語習得以外にプラスアルファを狙うことも場所を選べば可能です。例えば、スキーも楽しみたいのならスキーができる山岳地帯に学校を選べばよいし、ダイビングであれば海の近くの学校を選ぶといった具合です。

 

語学習得はひたすら習得した言葉のなかに身を置くのが最も手っ取り早い方法ですが、大学留学を4年間しても少しも会話が上達しないことも実はあるのです。課題に追われてひたすら図書館に籠り、講義も生徒が百人単位のクラスが多いと、外国語を「話す」機会にさして恵まれることなく卒業してしまうことがあるからです。

 

学校に日本人が多くいる場合も、つい海外にいる心細さや日本語で話すことの気楽さに逃げてしまい、気付いてみたら時間だけ経っていたということもめずらしくありません。大学生になるより時間に余裕を持てる語学留学のほうが効率よく語学習得、特に会話能力を伸ばすことができるものです。ただし学校選びには注意しましょう。

 

いわゆる観光地として人気があるところを選んでしまうと、日本人が大勢いるため、「外国語の中に身を置く」という状態が難しくなります。くれぐれもリトル・トーキョーイン海外にならない環境を選ぶようにしましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る