留学の種類:大学編

現在、大学に在学している方の中には、「留学してみたい」と思う人もいるのではないでしょうか。
その場合、どうすれば留学できるのでしょうか?
まだ、どこに行こうか悩んでいる方は、支援課などに提携している大学を訪ねてみましょう。

 

大学同士の提携があると、手続きが行いやすいのであまり手間がかかりません。
自分の候補を増やしておく意味でも、聞いておきましょう。
また、情報収集のひとつとして、所属するゼミの先生や、仲のいい先生に聞くのも手でしょう。

 

もちろん、ネットやパンフレット等、オフィシャルな情報もきちんと調べておきましょう。
それと、その大学のある国の状況や入国の際の注意点も調べておくのがベストです。
そういった外国の情勢は、外務省のホームページで掲載されているので目を通しておくのが良いでしょう。

 

そして、金銭もかかりますので、ご両親と相談した上で最終的な決断をしましょう。
留学するということは、海外の大学で勉強をすることです。
ということは、もちろんその国の語学を学んでいく必要があります。

 

日本でも現地でも、その国の語学を学べる学校に入って、学んでおくことを考えておきましょう。
語学も学ばなければ、講義の内容を理解することもできません。
また、海外の講義の場合、「参加型」であることも多く、内容をよく理解しておかなければなりません。
留学はそれくらいとても大変で、また、日本との文化の違いに戸惑いも感じるかもしれません。
しかし、日本では経験できないことができるのも、それらを乗り越えて得られる留学の楽しさと言えるでしょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る