留学の種類:高校編

最近、国際化社会になり、英語をしゃべれる人が必要になっています。
その為、留学をする人が増えていますが、その中でもおすすめしたいのが高校生の留学です。
高校を通して留学すると、手続きがかなり楽なうえ、費用も比較的安めに海外に行くことができます。

 

今、殆どの学校は海外の学校と姉妹の校契約をしているのです。
姉妹校とは、色々な場面で協定を結んでいるということで、その学校と生徒を交換する、いわゆる交換留学という制度があります。

 

この制度を使うと、学校を選ぶ手間がはぶけるうえ、コーディネーターに頼む費用などがかからないので費用も割安になります。ビザの手続きや、住むところの手配も学校が行ってくれるので不慣れな人にもおすすめなのです。

 

更に、学校の姉妹校ということで安全面なども安心できます。
最近は、この制度を使う人も増えています。
高校のうちに海外に行くと、英語力が格段に上がるため、大学入試に有利になることもあります。

 

まだ、未成年なので心配なこともたくさんあるとは思いますが、若いうちに親元を離れてひとりで頑張ってみるのも良い経験です。
また、頭が柔軟な若いうちに色々な経験をすると、吸収もはやく、自分の人間形成にも良いのです。
ただ、1年休学することになるので、帰国した際は一年下の学年の人と一緒に勉強をしなければなりませんが
それを差し引いても高校生での留学にはメリットが多いのです。
これからはますます、この制度を使う人が増えるでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る