留学に必要な準備:留学奨学金編

留学を夢見る学生というのは、いつの時代にも多いものです。
ただし、その前に大きな壁となって立ちはだかるのが、お金の問題です。
いざ海外で勉強となると、数万円というわけには行きません。
数十万円、場合によっては100万円単位でかかるという場合があります。
それらの全てを自分で準備するというのは、なかなか難しいものがあります。

 

そういったとき、活用したいのが留学奨学金です。
奨学金というと、とりあえずお金を借りて、卒業したら少しずつ返済していくというものを想像しますね。
しかし、そういった返済を求めるタイプの奨学金というのはむしろ少数派です。
大多数は、返済をしなくてもよいタイプのものです。

 

返済をしなくてもよいタイプのものは2種類あります。
まずは、日本側の自治体や財団が支援するものです。
そして、留学先の自治体や学校が支援をするというのもあります。

 

特に後者のほうは、留学先では当たり前のように行われています。
ただし、その金額はまちまちです。
多くの学生に、年間500ドルから1500ドル程度支援するタイプもあります。
特定の学生に20000ドルから30000ドルも支援するといったタイプもあります。

 

ここで準備しないといけないのが、「エッセー」です。
エッセーというのは、早い話が自分を売り込むための作文です。
自分がどんなに支援を受けるにふさわしい人間であるか、それを書くのです。
照れくさいと思う場合には、何を勉強したいかを書くのがおすすめです。

 

 


このページの先頭へ戻る